道組 魚の解体

調理師による鰤の解体を見学しました。間近で見る大きな魚に驚いたり、

好きな魚の名前を挙げていた子どもたちでしたが、魚に包丁が入ると「かわいそう~」という

声が聞こえてきました。みんな他の生き物の命を頂いて普段の食事をしているということを学ぶことが

出来ました。捌いた鰤は、照り焼きとして今日の給食に出ました。感謝の気持ちを込め「いただきます!」と挨拶をして、とても美味しそうに食べていました。

2022年1月18日更新

こちらの記事も読まれています。


2022年5月12日
幼児組 散歩…


2022年3月02日
新型コロナウイルス感…


2021年7月07日
学生ボランティア交流…


2022年1月07日
幼児組 新年の集い…


2021年10月15日
秋の味覚 …