食材に触れてみよう!(純組)

初めての食育がありました。今回は、本物の野菜や果物を手で触れてみました。

栄養士が準備を始めると、じっと様子を見ていました。

机にニンジン、キュウリ、メロン、オレンジ、バナナの5種類が出てくると、

何が始まるのか?!と、子どもたちは釘付けで見入っていました。

「順番に触ってみようか!」と一人1種類の野菜や果物が渡されると、

『触って良いの?』という表情を見せながらも、子どもたちは大興奮でした。

中でも人気だったのがオレンジ!見たことがあったのか、

匂いでわかったのか…?不思議な光景でした。

また、キュウリはテラスで栽培をしているので見慣れている物でしたが、

触ろうとして手を引っ込め、触るのを止める子が何人かいました。

キュウリを採った時に、チクチクすることを触って体験しています。

それを思い出して、チクチクすると思ったのかもしれません。

しかし、今回出したものにはトゲが無いので、改めて触ってチクチクしない事に気づき、

ビックリした表情を見せて、面白かったです。

触れた食材は、今日の給食として提供されました。

試食をしたメロンが再び給食にも出てきたので、喜んで食べていました。

2021年7月28日更新

こちらの記事も読まれています。


2021年8月07日
なつやすみたのしい工…


2021年8月18日
道組華道展示…


2021年6月17日
芋の苗植え…


2021年7月16日
なつまつり…


2021年5月21日